写真をドット絵にする方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 写真をドット絵にする方法
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
写真をドット絵にする方法gimp道

a1380_000405

 

 

写真をドット絵にする方法を紹介します。

難易度★✩✩✩✩:所要時間10分

とっても簡単で雰囲気ある画像加工♪

 

 

今回おこなうのは、写真や画像をドット絵にする方法です。

ドット絵というのは、点が集まって作る絵のことで、写真や画像は高精度の点の集合です。

逆にアバウトに表現することで、レトロな雰囲気や、味のある効果を出すことができます。

 

写真をドット絵にする方法~チュートリアル~

  1. 元の写真(画像)を用意する⇒複製
  2. 脱色をかける
  3. フィルタ⇒変形⇒新聞印刷
  4. モードをオーバーレイに
  5. 完成

元となる写真を用意する

まずは元になる写真を用意します。画像でもOK

a1380_000405

写真は超高画質のドットの集合体です。特に最近のデジカメは画素数も凄いので、引き伸ばしても綺麗ですね^^ 今回は逆にドットを荒くして、味のある写真加工をしましょう。新聞の写真のような感覚です。

この写真を複製します。

レイヤーにカーソルを合わせ、右クリック⇒レイヤーの複製

脱色をかける

次に複製したレイヤーに【脱色】をかけていきます。

色メニュー⇒脱色⇒【明度】

tiwawa

見事に白黒がわかれました。

ん~…ちょっと物悲しい感じですね。

新聞印刷をかける

フィルタ⇒変形⇒新聞印刷を選択します。

すると新聞印刷のウインドウが開かれ、細かい設定ができます。

2012-07-27_133418

ここで重要なのは、セルサイズとスクリーン。

ほかはデフォルトのままでもOKですが、いろいろいじってみると面白い効果が楽しめます。

セルサイズはドット一つの大きさを示すもので、大きくすることで荒くなっていきます。

写真のサイズやかけたい効果により調整しましょう。

スクリーンは、CMYKに設定してください。RGBですと色がつきチカチカしますし、輝度だと暗い画像になります。

モードをオーバーレイに

最後にモードをオーバーレイにすることで、元の写真を透過してドットの入った写真になります。

tiwawa2a1380_000405

因みに、テキストを入力し、テキストにも同様の加工を施すと右写真のようになります。
※セルサイズを小さくしています。

テキストには枠付加工と、をつけています。

このようにテキスト(ロゴ)にも応用することができます。

写真は普通で、テキストを加工しても面白い雰囲気のある画像になりそうですね。

tiwawa3

 

こちらの画像はそのサンプル。

写真はそのままで、文字に新聞印刷をかけました。

ドットではなく、スポットの形状を線形に変更しました。

このラインの太さも変更できるので、いろいろと試してみましょう。

同じ形状でもサイズが異なるだけで全然見え方も変わってきます。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
2012-08-09_125845

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

あわせて読みたい

GIMP道メニュー

GIMPのメニュー画面 ツールボックス ツールオプション
ボタン作成 ロゴ作成 写真加工
GIMP2.8 GIMP素材 0円クリエイター

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

2012-08-09_125845

このページの先頭へ

ページトップ
twitter画像
ブログ村
ツイッターボタン